脚本家 大森美香(おおもり みか)さん、築城町新成人にビデオレター送る。

福岡県築上町(旧築城町)出身

 大森美香さんは1972年築城町に生まれ、小学校に上がるまでは築城の地で過ごし、その後お父さんの転勤に伴い横浜へ移り学生時代を送りました。
 青山学院女子短期大学卒業後、名古屋テレビ放送に入社し、4年勤務後フジテレビ局のアシスタントディレクターを経て脚本・監督デビユーし、現在、フリーの脚本家として活躍中です。
 今までテレビドラマ「カバチタレ!」「ロングラブレター〜漂流教室〜」「ランチの女王」「きみはペット」「お見合い放浪記」「ニコニコ日記」「里見八犬伝」等数々の人気作品を作り出し、第17回東京国際映画祭コンペティション部門に選ばれた映画『インストール』の脚本、また「恋文日和」や「2番目の彼女」では監督を努めました。
 また、2005年に放映されたドラマ『不機嫌なジーン』では、その年の最も優れたテレビドラマの脚本に贈られる向田邦子賞を最年少受賞記録となる三十三歳で受賞されました。
 現在、2005年10月より放映されている、大分県湯布院町を舞台としたNHK朝の連続テレビ小説 『風のハルカ』 の脚本を手がけています。是非ご覧ください  

2006年正月に自宅に里帰りした時に収録しました

取材協力:旧築城町教育委員会

掲載にあたり、大森美香さん本人の校正、許可をいただいております

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー